尼崎・大阪 救急病院・脳ドックの合志病院での、整形外科(リウマチ科)の詳細についてご紹介いたします。

救急告示・労災指定 医療法人社団 敬誠会 合志病院文字の大きさ

HOME >> 救急 ・ 一般診療科目 >> 整形外科 ( リウマチ科 )

尼崎・大阪 救急病院・脳ドックの合志病院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。合志病院での、脳神経外科の詳細についてご紹介いたします。

整形外科 ( リウマチ科 )

整形外科とは、骨格や神経といった運動系統の機能や外傷の治療を行う外科分野のことです。
合志病院では、通常の整形外科に加え、リウマチ科も併設することで、あらゆる症状の治療に対応することが可能です。
当院は、日本整形外科学会認定医、日本リウマチ学会認定医などの資格を持った専門医が治療にあたるため、ご安心して治療を受けていただけます。

診療内容

整形外科 ( リウマチ科 ) の外来診察は、月曜日から土曜日の午前中 ( 9 時〜 ・ 受付時間をご参照ください ) 毎日行っております。さらに、月 ・ 火 ・ 金曜日には義肢装具士が各種コルセット、装具、義足などの作成、修理に対応しております。

また、医師だけではなく、看護師、理学療法士、検査技師、レントゲン技師、ケースワーカーなど、多数の職種が協議するチーム医療を推進しております。
ばい菌が活動しないようにするための対策、不幸にしてばい菌が活発に活動を始めたときの対策である感染制御、体の組織の破壊や出血などを最低限に抑えるための低侵襲手術にも特に力を入れております。

骨折などの外傷に対する治療を中心に行っておりますが、近年、高齢化などによる骨粗しょう症の増加に伴い、人工関節、人工骨頭も増加しておりますが、当院では治療法を患者様に決定いただけるよう、いわゆるインフォームドコンセント ( 情報の開示 ) に努めております。

高齢化に伴い、増加の一途をたどる骨粗鬆症 ( こつそしょうしょう ) の検診治療、 関節リウマチに対する各種薬物療法 ( 詳しくは下記の疾患のご紹介をご覧ください ) も行っております。

疾患のご紹介NEW

関節リウマチまたは骨粗鬆症に対する詳しい説明は下記の項目よりご確認下さい。

関節リウマチ

骨粗鬆症 ( こつそしょうしょう )

診療対応疾患

  • 交通事故、労災事故、スポーツ外傷などによる上下肢、
    脊椎の外傷(骨折、脱臼、筋肉 ・ 靱帯 ・ 腱 ・ 神経 ・ 血管 ・ 皮膚の損傷など)
  • 加齢や疾病による変化に伴った各関節障害 ( 膝、股、肩、指などの関節痛、運動障害) や脊椎症( 頸や肩の痛み、腰痛など )
  • 脊髄神経障害や四肢の末梢神経障害(手足のしびれ、痛み、筋力低下)
  • 慢性関節リウマチ
  • 骨粗鬆症
  • 痛風などの関節炎の治療 など。

※運動器官の疾患、外傷が対象となります。

手術実績

  • 観血的骨接合術
  • 靱帯形成術
  • 人工骨頭置換術
  • 人工関節置換術
  • 外傷対応一般
  • 関節鏡視下手術
  • その他

ページの先頭へ

医師紹介

合志 明彦
氏名 合志 明彦 ( ごうし あきひこ )
担当科目 整形外科 病院長
専門分野 外傷学 ・ リウマチ関節外科
認定資格 日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会認定医
日本医師会認定産業医
日本骨粗鬆症学会認定医
所属学会 日本整形外科学会
日本リウマチ学会
日本関節鏡学会
日本骨粗鬆症学会

氏名 岡久 昇平(おかひさ しょうへい)
担当科目 整形外科 管理部長
人工関節センター センター長
専門分野 関節外科(股関節、膝関節)
一般外傷
認定資格 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会スポーツ医
所属学会 日本整形外科学会
日本股関節学会
日本人工関節学会

氏名 西川 賢吾(にしかわ けんご)
担当科目 整形外科 部長
専門分野  
認定資格 日本整形外科学会専門医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
所属学会 日本整形外科学会


氏名 中岡 義博(なかおか よしひろ)
担当科目 整形外科
専門分野  
所属学会 日本整形外科学会

 
氏名 合志 有葉(ごうし ありは)
担当科目 整形外科
専門分野  
所属学会 日本整形外科学会

氏名 圓尾 圭史(まるお けいし)
担当科目 整形外科(非常勤)
専門分野 脊椎外科
認定資格 日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医
脊椎脊髄外科指導医
所属学会 日本整形外科学会

当科が参加している研究NEW

合志病院 整形外科では、下記の研究に参加しています。

【当院における責任者】
  合志病院 整形外科 病院長 合志明彦

【個人情報の取り扱い】
  研究に使用するデータは、登録前に個人を特定できないように匿名化した上で登録しますので、
  患者さんの個人のプライバシーは完全に保護されます。

  本研究に自分のデータを使用されることを拒否される方は、
   当院における責任者の整形外科 担当主治医にその旨お申し出くださいますようお願い致します。

日本整形外科学会症例レジストリー構築に関する研究(JOANR)

 【研究目的・意義】
   この研究の目的は、運動器疾患の手術に関する大規模データベースを作り上げることです。
  整形外科が扱う運動器疾患は、小児から高齢者まで幅広い方々を悩ませ、多くの方の健康寿命を
  損なう大きな原因となっています。その治療である手術の件数も年々増加していますが、
  その全国規模の全容を捉えられるデータベースがまだありません。全国の整形外科で情報を共有できる
  システムを作り上げることは、有効な治療法や手術の安全性を科学的に確立するために大変有用です。
  日本整形外科学会が作りあげるこの大規模データベースに参加・協力し、より良い治療を探って参ります。

 【研究組織】
  公益社団法人 日本整形外科学会
   理事長 種市 洋 (症例レジストリー委員会担当)
   詳しくは JOANRホームページ(https://www.joanr.org/) をご覧ください。

ページの先頭へ



小 中 大 プライバシーポリシー サイトマップ リンクについて 求人情報